[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

川崎汽船3Q営業益黒字転換、自動車船改善で

2020年1月31日 (金)

財務・人事川崎汽船が1月31日に発表した2020年3月期第3四半期連結決算は、売上高が5671億円(前年同期比11.2%減)、営業利益は216億円(前年同期は92億円の損失)、経常利益は245億3900万円(前年同期は274億円の損失)、四半期最終利益は252億円(前年同期は309億円の損失)となった。

最も売上規模の大きい製品物流セグメントで、自動車船事業が黒字転換を果たしたほか、コンテナ船事業の大部分を構成するオーシャンネットワークエクスプレスの業績が黒字化した影響で、セグメント利益が454億円改善。297億円の損失を計上した前年同期実績から157億円の利益へと大幅に改善した。

通期は売上高7400億円、営業利益50億円、経常利益50億円、最終利益110億円を見込む。

■決算集計(見出し:年/決算期/四半期、[]:前年同期比、単位:百万円)
 20/3/3Q20/3/中間20/3/1Q19/3/通期
売上高567,189 [-11.2%]372,396 [-10.5%]183,312 [-13.6%]836,731 [-28%]
営業利益21,627 [ - ]11,065 [ - ]4,052 [ - ]-24,736 [ - ]
最終利益25,223 [ - ]16,311 [ - ]7,779 [ - ]-111,188 [ - ]
売上高営業利益率3.8%3.0%2.2%-3.0%