[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

郵船ロジ、上海保税倉庫で医療機器物流サービス

2020年3月19日 (木)

メディカル郵船ロジスティクスは19日、同社中国法人が上海市臨港保税地区の「上海メディカルデバイスウェアハウス」(SNDW)で医療機器関連物流のサービス提供を開始した、と発表した。

同倉庫の面積は5000平方メートルで、中国国家薬品監督管理局が定める医療機器カテゴリーのすべてを取り扱い可能。倉庫内には温度制御された定温庫が3つあり、温湿度自動監視システム、倉庫管理システム、運行管理システムなどを備える。

これにより同社は、温湿度履歴管理、配送オーダー管理、業績指標管理、貨物追跡など、ヘルスケア物流で求められる細かな要望に応える。国家薬品監督管理局の許認可は、合弁会社の上海NYK-ANJIロジスティクスが取得した。

■倉庫の所在地
288 Tongwang road, Pudong Xin district, Shanghai city, China