[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

関通、ピッキング作業支援ロボ「シリウス」2拠点導入

2020年3月31日 (火)

サービス・商品EC・通販事業者向けに物流支援サービスを提供している関通は3月31日、兵庫県尼崎市の「関西主管センター」と埼玉県和光市の「東京第一物流センター」の2拠点で、中国・シリウス社の自律走行ロボット「シリウス」を導入した、と発表した。

このロボットは、倉庫内のピッキング作業を支援するロボットで、みずから位置データを認識し、複数のロボットが相互に通信して動きを決める。そのため、司令塔となるシステムが不要で、既存倉庫にも導入しやすいことがメリットとしてあげられる。

関通では、作業者がピッキングした商品をロボットに自動で運ばせることで、作業者の歩行負担を軽減し、生産性の向上を見込む。今後は同社が独自で開発・販売している倉庫管理システム「クラウドトーマス」との連携を目指すという。

関通、マレーシア工科大と物流システム開発で連携