[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

東陽倉庫、尾張西・犬山の配送拠点が増収に寄与

2020年5月11日 (月)

財務・人事東陽倉庫が11日に発表した2020年3月期の連結決算は、売上高296億6100万円(前期比2.4%増)、営業利益12億7200万円(3.9%増)の増収増益で着地した。

日用品と化学工業品を中心に倉庫の保管残高が増加したほか、「尾張西営業所」と「犬山営業所」の両配送センターが期初から業績に大きく貢献するなど、配送センター、陸上運送業務も堅調に推移。港湾運送と国際輸送は不調だったものの、好調部門がこれをカバーし、物流部門全体では部門売上290億9800万円(2.4%増)、部門利益16億2000万円(1.7%増)の増収増益を確保した。

今期の見通しについては、新型コロナウイルスの影響により開示を見送った。

■決算集計(見出し:年/決算期/四半期、[]:前年同期比、単位:百万円)
 20/3/通期 [前年同期比]20/3/3Q [前年同期比]20/3/1Q [前年同期比]19/3/通期 [前年同期比]
売上高29,661 [2.4%]22,664 [4.3%]7,339 [-47.1%]28,962 [320.9%]
営業利益1,272 [3.9%]1,008 [3.8%]356 [-35.9%]1,224 [287.3%]
最終利益1,040 [2%]827 [-3.4%]239 [-51.9%]1,020 [242.3%]
売上高営業利益率4.3%4.4%4.9%4.2%