[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ソーラーフロンティア、宮崎県国富町でメガソーラー発電

2012年9月12日 (水)

国内ソーラーフロンティア(東京都港区)と矢野産業(宮崎市)は11日、宮崎県東諸県郡国富町に2か所の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を開発することに合意した、と発表した。

 

ソーラーフロンティアは2.2メガワットのメガソーラー「国富第1メガソーラー」(仮称)、矢野産業は1.1メガワットの「国富第2メガソーラー」(仮称)の発電事業者となり、再生可能エネルギーの「固定価格買い取り制度」を活用する。

 

今回のプロジェクトでは、矢野産業が所有する国富町大字木脇の土地7ヘクタールに3.3メガワットのメガソーラーを開発。ソーラーフロンティアはCIS薄膜太陽電池を使用した太陽光発電システムを供給するとともに、国富第2メガソーラーの開発にコンサルテーション・サービスを提供する。

 

矢野産業は、土地の提供、雑草の生息を予防する独自の砕石商品美砂(ミサゴ)を提供することにより、土地のメンテナンス作業を軽減する。

 

国富第1メガソーラーは、矢野産業から土地の貸与を受け、ソーラーフロンティアが1万4000枚のパネルを設置する。第2メガソーラーは、ソーラーフロンティアがCIS薄膜太陽電池を7000枚供給するとともに、システム設計などでコンサルテーション・サービスを提供する。

 

国富第2メガソーラーの年間発電電力量は、矢野産業が所有する砕石場田野・日向工場の年間消費電力の16%に相当し、矢野産業は自社の電力消費量相当の電力を再生可能エネルギーで発電することを目指す。

 

■国富第1メガソーラーの概要
名称:国富第1メガソーラー
発電事業者:ソーラーフロンティア
所在地:宮崎県東諸県郡国富町大字木脇大谷3950番2
敷地面積:4万7200平方メートル(発電システム設置面積3万7300平方メートル)
総出力:2247キロワットp(DC)
使用モジュール枚数:1万4000枚
年間発電電力量(推定):2900MWh
年間CO2削減:90万キログラム
運転開始時期:2013年3月末

 

■国富第2メガソーラーの概要
名称:国富第2メガソーラー
発電事業者:矢野産業
所在地:宮崎県東諸県郡国富町大字木脇大谷3950番7
敷地面積:2万4400平方メートル(発電システム設置面積1万8400平方メートル)
総出力(DC):1088キロワットp(DC)
使用モジュール枚数:7000枚
年間発電電力量(推定):1400MWh
年間CO2削減:45万キログラム
運転開始時期:2013年3月末

 

■国富メガソーラーを建設する宮崎県国富町の位置

[googlemap lat=”31.990644″ lng=”131.323535″ align=”undefined” width=”440px” height=”240px” zoom=”10″ type=”G_NORMAL_MAP”]宮崎県東諸県郡国富町[/googlemap]