[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

SGリアルティ和光がCO2排出量「実質ゼロ」

2020年9月23日 (水)

環境・CSRSGホールディングス傘下で不動産事業を展開するSGリアルティは23日、東京都心に隣接する大型物流施設「SGリアルティ和光」(埼玉県和光市)で、9月から施設内の受給電力を再生可能エネルギーに切り替え、施設運営に伴う電力使用によって間接的に排出されるCO2を「実質ゼロ」にしたと発表した。

SGリアルティ和光は全館LED照明、太陽光発電システム、蓄電池を活用したゼロ・エネルギー設計による環境配慮型施設をコンセプトとして開発された物流施設だが、これまでは日照不足などの影響で発電量が不足した際に、化石燃料由来の電力を受給していたが、不足分を再生可能エネルギー由来の電力に切り替えることで「CO2排出ゼロ化」につなげた。

■SGリアルティ和光の概要
所在地:埼玉県和光市新倉5-1-63
敷地面積:2万7300.85平方メートル(8258坪)
延床面積:6万5259.06平方メートル(1万9740坪)
構造:S造5階建て