[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ラサール投資顧問、神戸で5万m2マルチ型着工

2020年10月16日 (金)

拠点・施設ラサール不動産投資顧問(東京都千代田区)は16日、神戸市西区で延床面積5万平方メートルのマルチテナント型物流施設「ロジポート神戸西」を着工したと発表した。2021年11月の竣工を目指す。

同施設は、神戸市西区の複合産業団地「神戸テクノ・ロジスティックパーク」内に位置し、24時間365日稼働可能な立地。神戸淡路鳴門自動車道と山陽自動車道の神戸西インターチェンジ(IC)から1キロと近く、内陸にありながら神戸港や神戸の中心部まで30分、大阪の中心部まで1時間と、関西主要都市へのアクセスに優れる。加えて、京都方面には新名神ルートと名神ルートの2つを選択可能で、交通状況に応じた対応ができる。

同社によると、開発地のある産業団地は、恵まれた高速道路網や広く西日本をカバーできる点、関西内陸地の旺盛な物流需要により、ここ数年で急速に発展しているという。

開発中の施設は、最大3テナントの入居が可能な地上4階建てマルチテナント型物流施設。1階に高床・低床の両面トラックバース、2階に大型車両が直接乗り入れできるスロープを備え、倉庫の梁下有効高さ5.5メートル以上を確保する。荷物用エレベーターと垂直搬送機をそれぞれ4基ずつ設置する計画で、在庫保管型や流通加工型、通過型など、さまざまな物流ニーズに対応する汎用性を持つ。

また、垂直搬送機・空調設備の増設や、自動化・省人化設備の導入に必要な電力容量の確保、事務所の増床など、将来発生する可能性のあるテナントニーズにも対応する。

従業員向けの設備では、敷地内に平面駐車場を含む108台分の駐車スペースを整備しているほか、BCP(事業継続計画)面では、48時間電源を供給し続ける非常用発電機などを採用、環境に配慮したLED照明や人感センサー、節水型衛生器具の設置も計画しているという。

施設の概要
所在地:神戸市西区見津が丘5-1-18他
敷地面積:2万3862.83平方メートル(7218坪)
延床面積:4万9972.1平方メートル (1万5117坪)
所有者:神戸西プロパティー特定目的会社
構造:鉄骨造、地上4階建
用途:マルチテナント型物流施設
着工:2020年10月16日
竣工:2021年11月19日
設計・監理:コンストラクションマネージメントジャパン
施工:大日本土木・加賀田組建設共同企業体
施主:神戸西プロパティー特定目的会社