[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三菱倉庫、グループ会社社員2人が感染

2020年10月27日 (火)

国内三菱倉庫は26日、グループ会社の社員2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。2人は22日に発表された感染者の濃厚接触者で、勤務場所はそれぞれ大阪府茨木市と神戸市須磨区の同社事業所。

嗅覚の異常や微熱などの症状がみられたため、10月22日から23日にかけてPCR検査を受けた結果、感染していることがわかった。容体は安定しているということで、現在は保健所の指示に従って療養中。施設内の消毒も完了した。

同社グループでは在宅勤務や時差出勤の推進、出張の制限、大人数での会合の原則禁止、健康状態のチェックなどの対策を実施している。

三菱倉庫、大阪・茨木市の事業所で社員2人感染確認