[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

東芝が画像認識AI開発、21年度荷降しロボ発売へ

2020年11月30日 (月)

サービス・商品東芝は30日、通常の可視光カメラで撮影した画像から、不規則に積み重なった荷物を高精度に認識する人工知能(AI)を開発し、このAIを組み込んだ荷降ろしロボットを2021年度に市場投入すると発表した。

新たに開発したAIは、通常のカメラ画像から物体の領域を推定する方式を採用し、従来の3次元センサーを用いたAIと比べて事前学習の手間やコストが少ないのが特徴。

推定方式は、低コストである代わりに認識精度が低いのが課題とされていたが、同社は物体の候補を点で推定する「物体領域抽出方式」を新たに開発することで、乱雑に積み重なった荷物を高精度に認識することに成功。実証実験では、推定精度を従来比45%改善し、「世界トップ」(東芝)の性能を実現した。

同社では、このAIを荷降ろしロボットやピッキングロボットに組み込むことで、ロボットがより正確に荷物をつかめるようになるとしており、21年度中に荷降ろしロボットを市場投入することを目指す。

■従来の推定式画像認識AI(左)と新開発の画像認識AI(右)

(出所:東芝)