[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ダイワコーポレーションが従業員にアンケート調査

倉庫会社従業員の防寒対策部位、「首」が最多

2021年2月18日 (木)

調査・データダイワコーポレーション(東京都品川区)は18日、従業員157人を対象に防寒対策に関するアンケート調査を実施した結果、「もっとも暖めるとよい部位」として「首」が42%を占め、最も多かったと発表した。

このほか「腰」が14%、「足首」が13%の順で多く、少数意見ながら、寒さがつらい部位として「指先」「耳」などを挙げる声もあったという。

普段利用している防寒アイテムは「高機能インナーウェア」が最多となり、「マスク」「手袋・軍手」「ネックウォーマー」が続いた。防寒具を選ぶ上で重視することについては、89%が「機能性」と答えた。