ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ファミリーマート、脱炭素物流の実証事業に参画へ

2021年9月21日 (火)

環境・CSRファミリーマート(東京都港区)は21日、伊藤忠商事を代表企業として環境省に採択されたプロジェクト「令和3年度バッテリー交換式EV開発及び再エネ活用の組み合わせによるセクターカップリング実証事業」において、実証事業のフィールド提供企業として参加すると発表した。今回の実証事業で開発されるバッテリー交換式EVトラックを当社の店舗配送に導入し、実証データとして活用することで、商用車のEV化を促進し、物流網の脱炭素化を目指す。

政府は2050年までのカーボンニュートラル実現を宣言し、目標として掲げています。特にCO2全排出量の4割は運輸部門が占めており、物流網の脱炭素化は不可欠だ。しかし商用車のEV化については、航続距離や充電時間、充電インフラ、価格といった課題などから、なかなか進まないのが実情だ。

こうした背景を踏まえて、本プロジェクトでは、バッテリー交換式トラックを開発する事により商用車のEV化を促進し、更に再生エネルギー由来の電力の活用を目指すことで、持続可能かつ地域貢献型の脱炭素型交通・物流モデルの構築を目指します。

今回のプロジェクトは、ファミリーマートのほか、伊藤忠商事といすゞ自動車、JFEエンジニアリング(東京都千代田区)、エッチ・ケー・エス(静岡県富士宮市)の4社がパートナー企業として参画。環境省公募の委託事業を通し開発されたバッテリー交換式EVトラック及びバッテリーパックを、ファミリーマートの配送車として運用し、バッテリー交換ステーションを埼玉県三郷市のファミリーマート三郷中央センターに設置することで、ファミリーマート各店舗までの走行実証を行う。

実証期間は2022年度下旬から24年度末の予定。三郷中央定温センター(埼玉県三郷市)からファミリーマート各店舗
までを走行ルートとする。物流業務における脱炭素化策として、トラックのEV化推進やバッテリー交換式EVトラックの利便性、コスト競争力の検証を行うほか、再生可能エネルギーを活用したバッテリー充電や災害時の電力供給源としての役割について検証する。