[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三菱樹脂、ドイツにアルミ樹脂複合板の製造拠点

2013年2月21日 (木)

アパレル三菱樹脂は21日、ドイツのヴィースバーデンにアルミ樹脂複合板「アルポリック」の製造・販売拠点を設立すると発表した。

アルポリックは主に内外装用建築材として使用されているアルミ樹脂複合板で、今後の需要の伸長が見込まれる欧州やトルコ・中央アジア地域をターゲットに、同事業として初めて欧州に新たな製造・販売拠点を設け、2014年春に営業運転を開始する。

同社は現在、上田工場(長野県上田市)、東京製造所(東京都青梅市)、米国ヴァージニア州の現地法人で製造を行い、欧州・トルコ・中央アジア地域への販売は、日本からの輸出で対応している。

しかし、輸送に2か月以上必要となるほか、為替変動の影響を大きく受けることから、欧州地域の販売を伸ばすことが困難となっていた。

同社は欧州のマーケットが「拡販余地の大きな潜在市場であり、かつ東欧やトルコ・中央アジアは、近年の経済発展に伴う建築ラッシュが続く魅力的な市場」だとして、ポリエステルフィルムの製造販売子会社が拠点を置くドイツのヴィースバーデン(ヘッセン州)の工業団地にアルポリックの製造・販売拠点を設置することを決めたもの。

投資額は20億円で、生産能力は年間150万平方メートル。今春から建設工事を開始し、現地法人と連携しながら2014年春の立ち上げを目指す。

■新拠点の概要
所在地:ドイツヘッセン州ヴィースバーデン
生産開始:2014年春
生産能力:150万平方メートル/年
敷地面積:5300平方メートル

■ヴィースバーデンの位置
[googlemap lat=”50.06308″ lng=”8.243344″ align=”undefined” width=”440px” height=”240px” zoom=”4″ type=”G_NORMAL_MAP”]ヴィースバーデン[/googlemap]