[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三菱化学など3社、自動車向け材料事業を統合

2013年5月1日 (水)

アパレル三菱化学、日本ポリケム(東京都千代田区)、JNC(同)の3社は4月30日、それぞれが保有するポリプロピレンコンパウンド(PPCP)事業と、JNCが保有するガラス長繊維強化熱可塑性樹脂(ファンクスター)事業を統合すると発表した。

日本ポリケムとJNCの100%子会社のJNC石油化学(東京都千代田区)のポリプロピレン事業合弁会社「日本ポリプロ」(同)へ事業譲渡することで統合し、高機能材料をグローバル統一品質で世界同時供給することを目指す。

PPCP事業、ファンクスター事業の主要顧客である自動車業界で、海外販売・生産が拡大し、地域にかかわらず品質が一定した材料の安定供給ニーズがますます高まっていることから、事業統合によってPPCP事業のセールス・ネットワークの共有化、ファンクスター事業の日米中三極同時供給など、国内外を一体運営していく。