[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

東ソー、環境対応触媒の製造設備を新設

2013年9月2日 (月)

アパレル東ソーは2日、南陽事業所(山口県周南市)でアミン系環境対応型ウレタン発泡触媒「RZETA」の製造設備を新設すると発表した。

ウレタン発泡触媒は、自動車のシートや内装材、寝具や家具などのクッション材、電気冷蔵庫や建築分野の断熱材、接着剤や塗料、靴底などに使用されるウレタン樹脂の製造――などに欠かせない触媒だが、世界的な環境保護意識の高まりを受け、大気や土壌などの汚染原因物質となる揮発性有機化合物(VOC)の低減が課題となっている。

東ソーの新製品は、この要求を満たすために同社が独自に開発した環境対応型ウレタン発泡触媒で、20億円を投じて南陽事業所内に製造設備を建設し、2014年11月に完成させる。