[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

カネカ、磁気テープ向け樹脂の製造を開始

2013年10月24日 (木)

アパレルkanekaカネカは24日、放送用やデータアーカイブに使用される磁気テープのバインダー樹脂(MR樹脂)の製造設備を取得したと発表した。この設備を用い、11月1日からMR樹脂の販売を開始する。

MR樹脂は、日本ゼオンが開発した磁気バインダーに特化した塩ビ系共重合樹脂で、カネカは2010年4月から日本ゼオンの委託を受けてMR樹脂を受託生産してきたが、日本ゼオンが販売を終了したことから、鹿島工場に製造設備を取得して製造・販売を開始することにしたもの。

磁気テープ市場は、ビッグデータなど昨今のデータストレージ需要の高まりの中で、省エネルギーと安定性の高さに定評があり、同社は「技術革新で安定した成長が見込める」と判断した。