[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

YKKAP、神戸・六甲アイランドに窓の中核工場

2013年11月28日 (木)

アパレルYKKAPは28日、神戸市東灘区の六甲アイランドに窓の生産拠点「六甲窓工場」を開設すると発表した。

六甲窓工場は、関西エリアの「樹脂窓」の販売増加に対応し、供給体制を強化するための窓工場として、2014年7月の操業を目指す。

関西エリアの窓事業の中核工場に位置付け、主にYKKAPの窓事業カテゴリーブランド「APW」シリーズを生産し、関西エリアへタイムリーに供給、中国・四国・九州エリアもカバーする。

設立予定地の六甲アイランドは、阪神高速5号湾岸線や神戸港に近く、交通輸送網が整備され物流効率に優れたエリア。これまで窓・ドア・エクステリア商品の展示場として活用していたが、展示場は今月、利便性の高い大阪市中央区へ移転した。

今後、工場開設に向けて、建屋の改修、窓生産ライン・複層ガラス生産ライン設置工事を行う。

■六甲窓工場の工事概要
所在地:兵庫県神戸市東灘区向洋町西4丁目2番地
建築面積:6700平方メートル
延床面積:1万平方メートル
構造・階高:鉄骨造地上2階建
操業:2014年7月予定
投資額:14億円(建屋改修工事金額含む)
主な生産品目:窓、複層ガラスなど
主な設備:窓生産ライン、複層ガラス生産ラインなど