[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

タカラブネなど500店舗と神戸工場取得

不二家、神戸の菓子メーカー買収、西日本の物流効率化

2014年2月13日 (木)

フード不二家は13日、菓子メーカーのスイートガーデン(神戸市西区)の全株式をプレシアホールディングスから4月1日付で取得し、完全子会社化すると発表した。取得総額は10億6000万円。

スイートガーデンは神戸、埼玉、九州に工場を構えし、和洋菓子などの製造販売を行っており、小売事業ではタカラブネ、スイートガーデン、スイートオーブンの3ブランドで全国に店舗を展開している。

不二家はスイートガーデンを完全子会社化することで、500店舗と神戸工場を傘下に収めることとなり、事業規模を拡大させることができると判断した。

特に不二家の店舗が少ない西日本地域の店舗数が増加することで、物流面を中心とした事業の効率化につなげ、店舗では両社の商品開発力を活かして品揃えを強化し、販売力を高める。生産面では、神戸工場と不二家の泉佐野工場の連携を深め、両工場の生産効率を高めるとともに、事業規模の拡大によって他地域の工場稼動率の向上を目指す。

スイートガーデンは埼玉、九州工場を4月1日付で分社化し、親会社のプレシアHDの関係会社に移管する。