[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

天候問題なければ第3便も検討

セブン&アイHD、山梨・長野の店舗へ物資空輸

2014年2月17日 (月)

フードセブン&アイ・ホールディングスは17日、14日からの記録的な大雪に対してヘリコプター2機を急きょ手配し、山梨県にパンなどの物資5000個を緊急配送すると発表した。また、18日には第2弾の緊急配送として、長野県に向けてヘリコプター4機で2万1300食を空輸する。同社は「天候などに問題がなければ、第3便を検討する」としている。

第1便は17日13時頃、東京都木場のヘリポートを離陸し、14時頃に山梨県甲斐市の日本航空学園山梨キャンパスのヘリポートへ到着する。

ヘリコプター2機を利用し、焼きたて直送便のちぎりパンなど5000個を輸送し、セブン-イレブン・ジャパンの同県店舗に3500個、イトーヨーカドー甲府昭和店に1500個を届ける。

18日は、セブン-イレブン向けとして、静岡市まちづくり公社のヘリポートからヘリコプター2機が離陸し、長野県上田市おとぎの里のヘリポートへ着陸9時30分頃到着。まず、佐久地方のセブン-イレブン店舗ヘ物資を届け、13時頃に再び2機が離陸し、山梨県富士吉田市の富士急ハイランドへ着陸、山梨県内の店舗へ向かい、フリーズドライ商品1000食、袋ラーメン7000食、パン4000個を運ぶ。

イトーヨーカドー向けには18日正午頃、東京都木場のヘリポートからヘリコプター1機が離陸し、長野県上田市おとぎの里ヘリポートへ13時頃に着陸。牛乳、玉子、パン、納豆などを中心に1300食をイトーヨーカドーアリオ上田店へ配送するほか、3トントラックを利用した「あんしんお届け便」に詰め込み、上田・真田町の公民館や集会場などで移動販売を実施する。

第2便として、13時頃に木場のヘリポートから別のヘリコプター1機が離陸し、山梨県甲斐市の日本航空学園山梨キャンパスのヘリポートに14時頃着陸。イトーヨーカドー甲府昭和店へカット野菜、食パン、カップラーメン、缶詰、レトルト食品など8000食を輸送する。