ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

管内で14年度1件目、累計50件目の認定事例

関東運輸局、日立物流つくば物流センターを物効法認定

2014年4月25日 (金)

ロジスティクス関東運輸局は25日、日立物流が日立建機向けに建設する茨城県つくば市の物流施設建設計画を物流総合効率化法に基づく特定流通業務施設に認定したと発表した。2014年度に入って初の認定事例で、累計では50件目となる。

日立物流が建設する施設は、日立建機が取り扱う建設機械の保守部品向け保管拠点を集約するもので、点在する外部倉庫で行っている保管・出荷業務を一元化して東日本日立物流サービスが運営受託することにより、倉庫間の横持ち輸送を大幅に削減するとともに、、輸出時に港倉庫まで輸送してから実施していた輸出用コンテナへの積載作業を、新センター内で行えるようにする。

この取り組みにより、トラック台数の削減と流通の効率化を実現すると同時に、CO2排出量を22%削減する。

この記事のその他のテーマ