ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

アスクル、世田谷区でEV専用配送拠点が稼働

2016年10月17日 (月)
アスクル、世田谷区でEV専用配送拠点が稼働
空白

ECアスクルは17日、東京都世田谷区で電気自動車(EV)の配送拠点「世田谷デポ」が稼働を開始した、と発表した。

同社は8月末から物流子会社のアスクルロジストを通じ、環境に配慮したEVによる配送をスタートしており、16日に世田谷デポが稼動した。

同社は商品配送用に日産自動車製のEV「e-NV200」12台を導入し、8月31日以降、個人向けネット通販のLOHACOで展開する受け取りサービス「Happy On Time」(ハッピーオンタイム)や法人向けの配送車両として都内で活用している。

世田谷デポは、これらのEVの配送拠点として開設したもので、施設の外壁、EV、ドライバーのユニフォームに「エコ」「親しみやすさ」「街になじむ」をコンセプトとしたデザインを採用している。

この記事のその他のテーマ