ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ニプロ、山形・荒谷西工業団地の医薬品生産工場竣工

2016年12月5日 (月)
ニプロ、山形・荒谷西工業団地の医薬品生産工場竣工
空白

拠点・施設ニプロは5日、同社子会社の細胞科学研究所(仙台市青葉区)が山形県天童市の荒谷西工業団地に、細胞医療用、バイオ医薬品製造用細胞培養液を生産する山形工場が竣工したと発表した。

ニプロは、再生医療やバイオ医薬品市場が拡大しつつあるなか、その開発・製造に使用される培養液の急速な需要拡大に備えるとともに、高度な品質要求に対応するため、新工場を建設することとした。

細胞科学研究所は現在、免疫細胞療法研究向けの培養液を中心に、細胞培養や試験研究に必要な各種培養液の開発・製造販売を行っており、山形工場の稼働で製造基盤の構築と研究開発体制の強化、拡充を図るとともに、培養液の大量需要への対応など、顧客の要求事項にすばやく対応していく。

■山形工場概要
名称:細胞科学研究所山形工場
所在地:山形県天童市大字荒谷1000-13(荒谷西工業団地)
構造:鉄骨造2階建て
建築面積:2600平方メートル
延床面積:3000平方メートル
総投資額:20億円
生産品目:細胞医療用、バイオ医薬品製造用細胞培養液
稼働開始:2017年1月

この記事のその他のテーマ