[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

富士フイルム、テキサス拠点で新生産棟稼働

2018年1月18日 (木)

拠点・施設富士フイルムは18日、バイオ医薬品の開発・製造受託事業を拡大するため、米・テキサス拠点で新たに建設した生産棟を17日(米国現地時間)から稼働させたと発表した。

新生産棟は、ニーズが高まっている多品種生産に適した2000リットルの培養タンクを最大12基まで設置できるスペースを持つほか、富士フイルムの一定条件製造技術や品質管理技術などを組み合わせることで、高効率生産を実現し大量生産にも可能となっている。

今後、米国テキサス拠点と昨年9月に英国拠点に増設した生産プロセスの開発拠点を連携させ、開発・製造受託サービスを強化する。さらに、このサービスをより拡大させるため、米国テキサス拠点では2000リットル動物細胞培養タンク4基の追加導入を、英国拠点では生産プロセスの開発拠点の拡張を進めている。