[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

真夏の需要期に対応

日本コーンスターチ、異性化糖生産と供給を強化

2014年4月10日 (木)

拠点・施設澱粉メーカーの日本コーンスターチ(東京都港区)は9日、異性化糖設備の倍増工事を完了し、運転を開始したと発表した。夏場の需要期に向けて50億円を投資し、異性化糖製造設備、出荷レーンの倍増工事とともに輸送ローリー車10台を増車したもの。

異性化糖は大半の清涼飲料水に砂糖の代替甘味料として使用されているほか、冷菓やキャンディーなどにも使用されている。異性化糖の製造量と供給能力が2倍に拡大したことで、同社では「真夏の最盛期にすべての顧客に迷惑を掛けることなく異性化糖を届ける体制を構築することができた」としている。