[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

プロロジス、中南米の3物流施設で5.4万m2の契約

2014年4月23日 (水)

拠点・施設プロロジスは23日、ブラジルとメキシコで3月までに合わせて5万4000平方メートル(58万2000平方フィート)の賃貸契約を締結した、と発表した。

1件目はブラジル・サンパウロにある「プロロジスCCPドゥトラ」内の物流施設で、主要な卸売会員制大型ディスカウント店舗を展開する企業と2万6900平方メートル(29万平方フィート)の賃貸契約を締結した。同施設は空港から近く、ドゥトラ高速道路沿いに立地している。2件目は同国のリオデジャネイロ付近にある「プロロジスCCPケイマードス」で、医薬品卸売業者と1万500平方メートル(11万3000平方フィート)の賃貸契約を締結した。

3件目はメキシコの「プロロジスパークトルカ」で、地元の包装業者、主要自動車メーカーと合わせて1万6600平方メートル(17万9000平方フィート)の賃貸契約を締結。同パーク内には5万8300平方メートル(62万8000平方フィート)の物流施設があり、今後も需要に応じて9万2900平方メートル(100万平方フィート)以上の増床が可能となっている。