[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

プロロジス、メキシコでAPLロジと3.5万m2の賃貸契約

2014年9月19日 (金)

拠点・施設プロロジスは19日、メキシコで同社が開発した物流施設群「プロロジスパークイズカッリ」のビルディング3で、APLロジスティクス社と3万5991平方メートルの賃貸契約を締結したと発表した。

プロロジスパークイズカッリはNAFTA高速道路沿いに立地し、米国への輸出やメキシコ国内配送に適している。今回の契約締結により、9万2903平方メートル(100万平方フィート)の施設群はすべてのスペースが契約済みとなった。

プロロジスは、メキシコで300万平方メートル(3190万平方フィート、6月末時点)の物流施設、物流用地を保有している。