[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

14年3月期決算

東部ネットワーク、荷主の統合効果で増収増益

2014年5月9日 (金)

財務・人事東部ネットワークが9日発表した前3月期決算は、4期連続の増収となり、過去最高を更新した。輸送力の増強に伴う人件費や減価償却費、高止まりした燃料費を吸収し、営業利益も5.8%増を確保した。

清涼飲料輸送は、期中に国内企業4社に分かれていた主要荷主のコカ・コーラグループが統合され、合理化効果で効率的な業務展開となり、輸送量も増加。セメント輸送の大幅な増収効果もあり、貨物自動車運送事業全体では売上高が14.3%増、営業利益は13.8%増となった。

今期は売上高123億9446万円(0.6%増)、営業利益8億7897万円(3.5%増)、最終利益5億6809万円(微増)を見込む。

[東部ネットワーク]2014年3月期連結決算(単位:百万円)

 2014年3月期2013年3月期増減
売上高12,31811,4857.3%
営業利益8488025.8%
経常利益8918455.4%
当期純利益5675218.9%