[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

住友商事、半田市にバイオマス発電所を建設

2014年7月14日 (月)

環境・CSR住友商事は14日、傘下の特定規模電気事業会社「サミットエナジー」(東京都中央区)が行う電力小売り事業の新たな電源として、愛知県半田市で7.5万キロワットのバイオマス発電所「半田バイオマス発電所」の建設を開始すると発表した。

半田バイオマス発電所は、サミットエナジーが100%出資し2012年12月に設立したサミット半田パワーが事業主体となり、半田市衣浦港の隣接地に建設する。総事業費は200億円となる見込みで、8月をメドに建設工事に着手し、16年度中の商業運転開始を目指す。

7.5万キロワットのバイオマス発電所は、バイオマス専焼としては国内で最大となる。バイオマス燃料は、木材チップやPKSなどの取り扱い実績が豊富な住友商事の生活資材本部を窓口として、国内外から幅広く調達する計画。半田バイオマス発電所は、サミットエナジーが05年1月に営業運転を開始した糸魚川バイオマス発電所(5万キロワット)に次ぎ、2件目のバイオマス発電所となる。

住友商事とサミットエナジーは、12年7月に施行された「再生可能エネルギー全量買取制度」(FIT制度)を活用し、国内再生可能エネルギー発電案件に注力して電源開発を行う方針。

バイオマス発電所は新規に東日本エリアで建設を検討中で、太陽光発電や風力発電分野でも複数案件を推進・検討している。さらに、電力小売全面自由化を見据えて新規顧客開拓にも積極的に取り組み、今後5年以内に電力小売り事業規模を現在の4倍となる150万キロワット以上への拡大を目指す。