[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

14年9月期決算

加藤産業、物流コスト比率が0.3P悪化、営業益12.8%減

2014年11月10日 (月)

財務・人事加藤産業が7日発表した前9月期決算によると、同社の「運搬費」が売上高に占める割合は2.5%となり、前年同期の2.2%から0.3ポイント悪化した。

売上高は5.2%増の7715億1400万円と堅調に伸びたが、運搬費が売上の伸びを上回る20.4%増となった。売上総利益率の低下、物流コストの増加などが影響し、営業利益は12.8%減の89億8900万円となった。

連結(単位:百万円)2014年9月期2013年9月期
売上高771,514733,181
運搬費19,58016,260
物流関連コスト比率2.5%2.2%
[編集部注]
物流関連コスト比率は公表されている財務諸表から関連すると判断した数値を選び、売上高に占める比率を算出したもの。物流費の定義は企業ごとに異なる場合が多いため、厳密な指標ではなく推移を見るのに適している。