ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

インクリメントP、自動運転支援地図を共同研究

2015年8月10日 (月)

ECインクリメントPは10日、金沢大学と共同で、目的地を設定するとドライバーが操作することなく自動的に目的地まで到達することのできる高度有人運転支援システムの実現に向けた「自動運転支援地図」の開発を開始した、と発表した。

国際的に自動運転技術への注目が高まるなか、国内では人口減少と高齢化への対策として「安全・安心に移動できるモビリティ環境」の構築が急務となっており、2月に金沢大の研究チームが地域高齢者の移動支援を目的とした、市街地における自律型自動運転自動車の実証実験を行った。

共同プロジェクトの実証実験では、目的地を設定するとドライバーが操作することなく自動的に目的地まで到達することのできる自律型自動運転自動車を用い、目的地までのルート探索、車線変更、交差点右左折、信号などの交通規制を順守して利用できるようにするため、自律型自動運転システムと高度な地図情報との協調制御を行う。

今後、インクリメントPは金沢大と共同で自動運転支援地図フォーマットの検討を行い、このシステムで利用できる自律型自動運転支援地図を開発、提供していく。プロジェクトは、2020年頃をメドに地域高齢者の移動手段への活用(実現性検証)を目指している。