[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

国際帝石、上越市で物流子会社通じ太陽光発電所開設

2015年8月18日 (火)

環境・CSR国際帝石、上越市で物流子会社通じ太陽光発電所開設国際石油開発帝石は18日、物流子会社のインペックスロジスティクスを通じて、新潟県上越市で建設工事を進めていたグループ2件目の太陽光発電所が完成し、同日竣工式を行ったと発表した。

発電所は、同社が上越市に保有する敷地で最大出力2000キロワット(2メガワット)の太陽光パネルを設置したもので、7月から発電を開始し、全量を東北電力へ売電している。年間発電量は、一般家庭860世帯分の年間電力消費量に相当する。

隣接地では、同社が初めて建設した太陽光発電所が2013年3月から稼働しており、上越市地域の太陽光発電所を「INPEXメガソーラー上越」と総称する。