[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

生活クラブ生協、夕方5時以降の食材宅配を開始

2015年8月24日 (月)

フード生活クラブ事業連合生活協同組合連合会は24日、生協の宅配を夕方5時以降に受け取れるサービスを東京都内の一部で開始すると発表した。

生活クラブ生活協同組合(東京)が、食材宅配サービスの配送時間、子育て世代や共働き家庭などの「帰宅後に注文品を受け取りたい」という要望に対応するもので、世田谷区、練馬区の一部で「時間帯指定配送サービス(夕方便)」を導入する。

同生協では都内7万3000人の組合員世帯を抱えて、オリジナル食材の宅配・店舗事業を中心に事業を展開しているが、組合員から高い支持がある食材宅配は、これまで日中の配達に限られていた。

ライフスタイルの多様化に伴い、子育て世代や共働きの家庭、仕事を持つ女性などから「不在時間に配達されるのではなく帰宅後の時間帯に受け取りたい」という要望が増加。

こうしたニーズに対応するため、地域限定で夕方5時以降に届ける(夕方便)を導入することにした。すでに江東区の一部で「夜間配送」を実施しているが、夕方便を開始することでより幅広い世代、ライフスタイルが同生協のサービスを利用できるようにする。

夕方便は10月から世田谷区上用賀・桜新町・桜上水の3地区で、11月から練馬区光が丘5-7丁目で始める。このサービスでは、17時から19時30分の間に配送手数料250円で商品を届ける。

■詳細
http://tokyo.seikatsuclub.coop/news/2015/08/15yugata.html