[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

横浜冷凍、首都圏中核・幸手物流センター竣工

2017年6月15日 (木)
空白

拠点・施設横浜冷凍は15日、埼玉県幸手市の幸手中央地区産業団地で「幸手物流センター」を竣工した。

圏央道沿線で同社はこれまでに加須、加須第二、鶴ヶ島、伊勢原の4か所の物流センターを稼動させており、今後は幸手物流センターを含めた5施設が連携して低温物流サービスを提供する。

冷却方法は温度の変化が少なく、貨物の品質維持に適した自然対流方式(RD、リターンダクト)を導入。電動式移動ラックは「カーゴナビゲーションシステム」と連動させ、フォークリフトによる入出庫作業を円滑にし、庫内作業時間の短縮化を図る。施設屋上には発電能力615キロワットの太陽光発電パネルを設置した。

竣工式で、吉川俊男会長は「幸手物流センターは、既存の圏央、東京、横浜各地区の物流センターを含む、首都圏に構築された一大物流網の核となる」と新拠点の位置づけを説明。西山敏彦社長は「既に多方面の顧客から問い合わせをもらっており、スタートダッシュができる」と意気込みを語った。

■幸手物流センターの概要
名称:幸手物流センター
所在地:埼玉県幸手市大字平須賀2480-12
構造・規模:1鉄筋コンクリート造・3階建、一部鉄骨造
延床面積:1万8435平方メートル
敷地面積:1万2447平方メートル
冷蔵収容能力:F級1万7660トン、C&F級2519トン、C級755トン
主な設備:自然対流方式(RD、リターンダクト)、電動式移動ラック、カーゴナビゲーションシステム、太陽光発電システム(615キロワット)、陽圧式低温プラットホーム、BEMS、全館LED照明