[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ミルボン、旧式iPhone再利用し棚卸システム構築

2017年10月5日 (木)

EC美容サロン用ヘア化粧品会社のミルボンは、マジックソフトウェア・ジャパン(東京都新宿区)の開発ツールを用い、棚卸システムを開発した。マジックソフトウェア・ジャパンが5日、発表した。


ミルボンは、社員が使用していた旧式のiPhoneを再活用し、マジックソフトウェア・ジャパンの開発ツールでモバイルアプリケーションとして棚卸しシステムを構築。専用端末を使用したシステムに比べ、3分の1のコストで導入した。

ミルボンが使用したツールで開発したアプリケーションはiPhone、Android、PCでも動作することから、マジックソフトウェア・ジャパンでは「端末が変わってもソフトウェアは長期資産として改修・活用できるようなり、今後の運用コストも考えるとさらなる投資対効果が見込まれる」としている。

これまで使用していた連携ツールは「モニタリングができない」「データ変換処理に時間がかかる」といった課題に対応するため、工場移転を機にマジックソフトウェア・ジャパンのツールを導入。常時モニタリングが可能になり、データ変更にかかっていた処理時間も従来の半分に短縮した。

また、異なるシステム間を連携する仕組みを個々のシステムから独立して導入することで、物流管理、生産管理、秤量管理、SAP ERPといったシステムの改修やリプレースを柔軟に行えるようになった。