[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

置き配専用バッグ発売、宅配ボックスの課題克服

2018年4月17日 (火)
空白

ロジスティクス物流系ITベンチャーの「Yper」(イーパー、東京都杉並区)は17日、クラウドファンディングサイト「Makuake」(マクアケ)で生活雑貨メーカーのマーナ(墨田区)と共同企画した置き配専用のバッグ「OKIPPA」(オキッパ)の先行予約販売を開始した。

既存の宅配ボックスで課題となっていた玄関前スペースの不足や、荷物を受け取る度に簡易の宅配ボックスを玄関前に出す手間に対し「不在でも在宅でも吊り下げるだけで荷物を玄関前で受け取れる」という置き配バッグを商品化したのがOKIPPA。マーナでのヒット商品で、一気にたためてコンパクトにまとまるバッグ「Shupatto」(シュパット)を原型に誕生した。

▲一気にたためるバッグ「Shupatto」

宅配物を収納するバッグに、玄関先で固定するための専用の巻き取り式ワイヤーロックが備え付けられており、玄関のドアノブなどにワイヤーを通しバッグを固定。宅配物を入れる際は、ワイヤーを伸ばしてバッグを床に広げて荷物を収納して施錠、取り出したらバッグを一気にたたみ、再びワイヤーロックに吊り下げる。

イーパーは1月に荷物管理アプリの「OKIPPA」をリリースしており、このアプリを併用することで「いつOKIPPAに荷物が入ったか」という通知がスマートフォンに届くようになる。

 

■置き配バッグ「OKIPPA」の製品概要
品名:OKIPPAカラー:全1色(ネイビー)
予定販売価格:3980円+税
材質:本体/ポリエステル(撥水加工)、持ち手/ポリエステル
耐荷重:13キロ
サイズ:バッグ使用時70×66センチ、折りたたみ時13×13センチ(厚さ5センチ)
予約販売先:Makuakeサイト(https://www.makuake.com/project/okippa/