ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

乗務員の睡眠を記録・管理する運送会社向けツール

2018年5月24日 (木)

ECドコモ・ヘルスケアは24日、トラック・バスの乗務員の睡眠状態を計測し、一元管理できるサービスの提供を開始する、と発表した。

6月1日から、ドライバーの点呼記録に「睡眠不足の有無」を記載することが義務化されるが、口頭のみの確認では本来の目的である「睡眠不足による事故の防止」につながる確認は難しい、として、同サービスを用意したという。

このサービスでは、腕につけることで睡眠時間や睡眠の深さを測ることができるウェアラブル活動量計「ムーヴバンド3」と、計測した睡眠状態データなどをグラフ化して管理できる法人向けサービス「健康サポートLink」をセットで提供。乗務員にムーヴバンド3を腕につけてもらうことで、管理者は正確な睡眠状況を遠隔で確認することができる。

乗務員がムーヴバンド3を腕につけて就寝すると、自動的に睡眠の開始時刻、終了時刻、深さを記録。無料のスマートフォンアプリ「WM」(わたしムーヴ)を使い、自らの睡眠状態を見ることができるため、点呼の際に正確な睡眠時間を報告できるようになる。

■サービスウェブサイト
https://www.d-healthcare.co.jp/business/kenkou-support-link/#new