[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

米国際物流のE-BUY社、日本ECの海外展開を支援

2018年6月5日 (火)

EC世界10か国・地域に倉庫拠点を展開する米国の国際物流会社、イーバイグローバルリミテッド(オレゴン州)は5日、日本のECサイト向けに、海外で「格安国際物流サービスとマーケティング活動の統合」を支援するプラットフォームの提供を開始した。

日本のECサイトが多国間ECに取り組む上で大きな障壁となる国際物流を「バイ・アンド・シップ」(Buy & Ship)が受け持つことで、消費者に割安な物流サービスを提供し、10か国・地域に展開する拠点を通じて日本のECサイトへの誘致を図る。

バイ・アンド・シップは2018年中に、東南アジアなどで新たに3か国へ倉庫を拡大する計画で、倉庫間物流を低価格で提供することにより、日本のECサイトが気軽に海外の消費者に自社商品を販売できるようにする。バイ・アンド・シップが持つグローバルネットワークやテレビ局・SNSメディアを駆使し、日本の優れた商品を同社の海外の会員にプロモーションしていく仕組みを構築する。

現在の拠点は香港・日本・米国・英国・中国・韓国・台湾、シンガポール・マレーシア・マカオの10か国・地域となっているが、18年下期にはインド・タイ・ベトナムで新倉庫が稼働する。

■問い合わせ先
ホームページ:http://www.buy&ship.co.jp/contact/
フェイスブック:https://www.facebook.com/buy&shipjapan/