[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

大和ハウス、マレーシアに3温度帯物流施設

2018年11月29日 (木)
空白

拠点・施設大和ハウス工業は28日、マレーシアのセランゴール州に新たなマルチテナント型物流施設を建設すると発表した。同社がマレーシアに物流施設を建設するのは初めて。

建設地はクアラルンプール中心部から南西へ27キロ、クアラルンプール国際空港から北へ40キロに位置し、周辺にはシャー・アラムの工場や物流施設が建ち並ぶ。

新施設「Dプロジェクト・マレーシアI」の建設には20億円を投じ、3万平方メートルの敷地に三温度帯のコールドチェーン対応倉庫を設ける。建物は倉庫部分が平屋構造、事務所部分が2階建てとなっていて、延床面積は1万8000平方メートル、賃貸面積は1万6500平方メートル。

2019年1月7日に着工し、テナントとして同国内外で食品を取り扱う企業など2社の利用を想定する。賃貸管理は5月に設立したマレーシア現地法人「ダイワハウスマレーシア・ロジスティック」が担う。

今後は海外で物流施設を検討する日系企業や各国の企業に誘致活動を展開していく。

■建物概要
名称:D Project MalaysiaⅠ(ディープロジェクト・マレーシア・ワン)
所在地:マレーシア・セランゴール州シャー・アラム
建物用途:マルチテナント型物流施設
事業主・運営会社:ダイワハウスマレーシア・ロジスティック
構造・階数:鉄筋コンクリート造平屋建て(事務所部分2階)
総事業費:20億円
敷地面積:3万平方メートル(9100坪)
延床面積:1万8000平方メートル(5500坪)
賃貸面積:1万6500平方メートル(5000坪)
内訳:常温(ドライ)8600平方メートル(2600坪)、冷蔵・冷凍(チルド・フローズン)6600平方メートル(2000坪)、事務所1300平方メートル(400坪)
入居可能テナント数:2テナント
着工:2019年1月7日
竣工:2020年1月
入居:2020年3月