ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

産業機械輸出契約16.2%減、日工会調べ

2019年4月12日 (金)

調査・データ日本産業機械工業会(日工会)が10日発表した、2月の産業機械輸出契約状況によると、同月の受注高は3329億900万円(前年同月比16.2%減)となった。 内需は2548億8000万円(18.1%減)、 外需は780億2900万円(9.1%減)となった。

地域別構成比は、アジアが62%、北米9.6%、中東7.2%、欧州8.6%、ロシア・東欧7.2%となっている。