[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日本錬水、分離精製センターを開設

2012年6月27日 (水)

メディカル三菱レイヨンは27日、グループ会社の日本錬水(東京都豊島区)が医薬品・機能性食品分野で分離精製事業の拡大を目指し、4月1日付けで専門組織「分離精製センター」を新設、三菱化学黒崎事業所内で研究施設の建設に着手した、と発表した。

 

日本錬水は、三菱化学のイオン交換樹脂「ダイヤイオン」「セパビーズ」の総販売代理店として、イオン交換樹脂や水処理用化学薬品の販売、関連装置の設計、製作、販売、運転、メンテナンスの業務を行う総合水処理会社。

 

バイオ医薬品や天然の機能性食品、ファインケミカル分野を中心とする顧客で、初期開発段階における高付加価値物質の分離精製ニーズが増加していることから、新設する分離精製センターを活用し、分離精製プロセスの開発受託サービスや市場開拓用サンプルの試作サービスを提供していく。

 

分離精製センターは8月末の完成後、年間20件のプロセス開発テーマ受託を目指す。これにより、2015年以降同事業で20億円の売上を見込む。