ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日立物流1Q、国内物流寄与し営業益7%増

2019年7月29日 (月)

財務・人事日立物流が29日に発表した4−6月期(2020年3月期第1四半期)決算は、国際物流の非連結化や為替の影響で国際物流の売上が10%減少し、全社の売上高が3%減(前年同期比)の1697億4600万円、調整後営業利益は国内物流や情報システム開発の増益が寄与し7%増の79億4100万円で着地した。四半期最終利益は6%減の47億6900万円。

国内物流は自動車関連が減少した一方、半導体製造装置関連の新規立ち上げ案件が寄与、部門売上高が1072億7500万円と2%の増収を確保した。部門利益は6%増。

 20/3/1Q [前年同期比]19/3/通期 [前年同期比]19/3/3Q [前年同期比]19/3/中間 [前年同期比]
売上高169,746 [-2.8%]708,831 [1.2%]535,838 [1.8%]352,385 [2.5%]
営業利益7,941 [6.9%]31,192 [4.6%]24,060 [9.8%]14,849 [5.6%]
最終利益4,769 [-5.5%]22,786 [8.9%]17,435 [12.7%]8,324 [-10.8%]
売上高営業利益率4.7%4.4%4.5%4.2%