ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

東洋埠頭1Q、国内苦戦し営業益12%減

2019年7月31日 (水)

財務・人事東洋埠頭が7月31日に発表した4-6月期(2020年3月期第1四半期)決算は、国内物流部門の苦戦で売上高が0.3%増(前年同期比)の90億8500万円、営業利益が11.8%減の5億3600万円となった。主力の国内物流部門は、人手不足の影響などで12.7%の減益。

■決算集計(見出し:年/決算期/四半期、[]:前年同期比、単位:百万円
 20/3/1Q19/3/通期19/3/3Q19/3/中間
売上高9,085 [0.2%]34,132 [2%]25,826 [2.5%]17,302 [1.9%]
営業利益536 [-11.8%]1,725 [-2.6%]1,364 [-6%]902 [-15.5%]
最終利益182 [-60.6%]1,251 [30.4%]996 [-8.2%]658 [-17%]
売上高営業利益率5.9%5.1%5.3%5.2%