ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

C&FロジHD、労務費増で1Q営業益7.7%減

2019年8月7日 (水)

財務・人事C&Fロジホールディングスが7日発表した4-6月期(2020年3月期第1四半期)決算は、売上高が274億3000万円(前年同期比2.7%増)、営業利益11億2800万円(7.7%減)、四半期純利益7億8900万円(0.6%増)となった。

TC(通過型センター)事業はコンビニエンスストア向けが堅調に推移し、一部の荷主向け業務から3月に撤退した影響をカバーして増収を確保したものの、労務コストの増加で8.7%の部門減益となった。DC(保管在庫型物流)事業は増収増益。

■決算集計(見出し:年/決算期/四半期、[]:前年同期比、単位:百万円
 20/3/1Q19/3/通期19/3/3Q19/3/中間
売上高27,430 [2.6%]107,612 [3.3%]82,277 [3.6%]54,645 [3.2%]
営業利益1,128 [-7.6%]4,088 [6.3%]3,890 [3.2%]2,532 [0.7%]
最終利益789 [0.6%]2,782 [6.8%]2,686 [6.2%]1,809 [8.7%]
売上高営業利益率4.1%3.8%4.7%4.6%