[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

アマゾン、個人と直接契約「Amazon Flex」宮城でも

2019年11月6日 (水)

ECアマゾンジャパンは5日、商品の配達を個人と直接契約する「アマゾンフレックス」を宮城県で導入し、同エリアで「デリバリーパートナー」となる個人事業主の募集を開始した、と発表した。

「アマゾンフレックス」は、アマゾンが個人事業主と直接契約を結び、商品の配達業務を委託するもので、これまで東京、神奈川、千葉、愛知、北海道の5つのエリアで展開している。

対象となる個人事業主の条件は(1)20歳以上(2)黒ナンバーを取得した軽貨物自動車がある(3)貨物軽自動車運送事業の届出をしている(4)必要な保険に加入している――の4つをクリアしていること。同サービスへの登録、スケジュール管理、商品配送といった作業は、全てアプリを通じて行うことができ、未経験者にはガイダンスも用意されている。

アマゾンジャパンのジェフハヤシダ社長は「宮城県に新たに導入することで、柔軟に働くことができる機会をより多くの人に創出できることを大変嬉しく思う。既存の配送サービスを全国で拡大しつつ、アマゾンフレックスによって、より多くの人にサービスを利用してもらえるよう努力する」とコメントし、既存の配送網と直接契約のどちらも拡大させていく方向性を示した。