[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

伊藤忠ロジ、つくば市に医薬品物流拠点を新設

2020年3月12日 (木)

メディカル伊藤忠ロジスティクスは12日、茨城県つくば市に延床面積7128平方メートルの医薬品専用物流拠点を新設する、と発表した。2021年12月の竣工を目指す。

建設予定地は、圏央道「つくば牛久インターチェンジ」(IC)、常磐自動車道「谷田部IC」から10分以内と、輸出入拠点である成田空港を含む関東一円にアクセス良好で、近郊には医薬関連メーカーの工場が多数進出している。

倉庫設備では、室温、定温、保冷、冷凍の4温度帯倉庫を備え、入出庫バースにはドッグシェルターを完備。医薬品の適正な流通基準であるGDPガイドラインに準拠し、唯一の施設セキュリティ基準である「SGS施設セキュリティ認証」も取得するという。

施設の概要
建設予定地:茨城県つくば市
アクセス:圏央道「つくば牛久IC」、常磐自動車道「谷田部IC」から10 分以内
構造:鉄骨造、平屋根
延床面積:7128平方メートル
竣工予定:2021年12月