[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日新、横浜・本牧ふ頭で梱包・荷捌き機能強化

2020年4月7日 (火)

ロジスティクス日新は7日、横浜市中区の本牧ふ頭で「本牧Aロジスティクスセンター」(仮称)を着工した、と発表した。

この施設は、同社の「神奈川埠頭営業所」から梱包工場と保管・荷捌上屋を移転するもので、延床面積1万平方メートルの倉庫内に天井クレーン4基を配備してこれに対応する。

2021年7月の竣工後は「京浜地区における輸出事業の中核拠点」として稼働する。

施設の概要
名称:本牧Aロジスティクスセンター(仮称)
所在地:神奈川県横浜市中区本牧埠頭8-1、9-1の一部
構造:平屋建・鉄骨造
敷地面積:1万4974平方メートル
延床面積:1万85平方メートル
主な設備:天井クレーン「20トン+20トン」2基、「20トン」1基、「10トン」1基
開業予定:2021年7月