[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

MKタクシー、110円配達エリア拡大し期限延長

2020年5月12日 (火)

国内新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、タクシー事業者が飲食店から依頼を受けて個人宅に料理を届ける有償貨物運送事業が期限付きの特例措置として認められ、全国的に参入が相次ぐなか、MKタクシーを運営するエムケイ(京都市南区)は110円の運賃で料理を届けるサービスを5月31日まで延長した。

当初は特例措置で定められた期限である13日までとしていたが、政府が緊急事態宣言を5月31日まで延長し、国土交通省も9月末まで措置期限を延ばしたことを受け、まずは5月末まで競争力のある110円の料金設定で同サービスを継続することにした。

また、これまで「おおむね5キロ以内」としていた110円での配送サービス提供範囲も、11日から「京都市一円を距離制限なし」へと拡大した。デリバリーの依頼は「1日数十件」程度あるという。

この料金設定について、同社は「依頼が増えても商品代金の手数料、配達料の値上げは一切考えていない」と明言。キャンペーンを実施している間は「配達中のメーター料金分」をドライバーに背負わせず、本社側が負担するという。