[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

杉村倉庫2Q減収減益、荷主からの配送委託量減少

2020年10月30日 (金)

ロジスティクス杉村倉庫が10月30日に発表した4‐9月期(2021年3月期第2四半期)決算は、売上高が51億300万円(前年同期比1.3%減)、営業利益は6億3400万円(2.7%減)、四半期最終利益は5億1300万円(0.4%減)と減収減益だった。

主力の物流事業では、倉庫業務で化学工業品や日用品の取り扱いが増加したものの、食料工業品は減少。運送業務は新型コロナウイルスの感染拡大が影響して荷主企業からの配送委託量が減った。オフィス移転作業は増加した。

通期は売上高100億2000万円(前期比2.4%減)、営業利益10億9000万円(9.5%減)、最終利益8億5000万円(8%減)を見込む。

■決算集計(見出し:年/決算期/四半期、[]:前年同期比、単位:百万円)
 21/3/中間21/3/1Q20/3/通期20/3/3Q
売上高5,103 [-1.3%]2,467 [-2.6%]10,266 [0.9%]7,715 [1.5%]
営業利益634 [-2.6%]267 [-10.1%]1,204 [2%]924 [5.4%]
最終利益513 [-0.4%]222 [-9.8%]924 [-1.7%]721 [9.4%]
売上高営業利益率12.4%10.8%11.7%12.0%