[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三井E&Sマシナリー、ヤード用クレーンに新モデル

2020年11月30日 (月)

サービス・商品三井E&Sマシナリーは11月30日、ヤード用トランスファークレーン「三井パセコトランステーナ」の新モデルを開発したと発表した。荷役作業の効率アップとメンテナンス性の向上を図り、遠隔・自動運転化への対応を見据えた機能構成として設計した。

三井パセコトランステーナは、コンテナを巻き上げるためのクラブトロリの装置設計を刷新し、定格荷重吊り時の巻上速度を従来標準モデルの分速23メートルから30メートルに引き上げた。

横行運転時の加減速などによるスプレッダーの揺れ止めには、新たに開発した独自のワイヤーロープ掛け構造を採用。V字形状に傾斜したワイヤーロープによってスプレッダーの振れを抑制する。機械式振止装置を装備していないため、振止装置のメンテナンスが不要になる利点がある。

新機能として、走行水平方向にスプレッダーを移動させるシフト操作に対応し、タイヤを動かすことで調整していたスプレッダーの細かな位置合わせを容易に行うことができるようにした。

新設計の走行駆動装置は、モーターが中間軸を介して減速機を内蔵する車輪軸に連結され、タイヤを駆動する。チェーン、スプロケットが廃止され、チェーンの張り調整や交換作業が不要になる。

タイヤを支持するフレームは門形状から逆L字形状に変更し、車輪軸の一端が開放され、タイヤホイールと車輪軸はボルト接合される。これにより、タイヤホイールの着脱作業が容易になる。従来標準モデルのタイヤホイールは従動用・駆動用で個別部品だったが、新モデルでは同一品を使用し、予備品を共通化した。