[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

羽田・第一国際貨物ビル勤務の従業員1人感染確認

2020年12月4日 (金)

国内東京国際エアカーゴターミナル(TIACT、東京都大田区)は4日、羽田空港の第一国際貨物ビルで貨物取集業務についていた業務委託先従業員1人が、新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。

同業員は、3日に体調不良で医療機関を受診して検査を受けたところ、陽性反応が確認された。同社では、当該従業員の行動履歴調査を進めているほか、今後保健所の指導のもと、消毒作業などの必要な措置を講じることを明らかにしている。

コロナ感染者推移
Infogram