[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日鉄興和不動産、家具什器メーカー向け物流施設着工

2020年12月4日 (金)

話題日鉄興和不動産(東京都港区)は4日、兵庫県尼崎市で賃貸物流施設「ロジフロント尼崎IV」に着工したと発表した。

同施設は、複数の企業が入居利用できるマルチテナント型の物流施設として想定していたが、単独テナントとなる家具什器メーカーの希望に合わせてカスタマイズし、2021年9月末の完成を目指す。敷地面積は2万5803平方メートル(7805坪)、延床面積は2万9441平方メートル(8906坪)で鉄骨造、2階建て。

現地は大阪市中心街から10キロ圏内に位置し、阪神高速道路湾岸線東海岸ICから1キロ、中島ICから4キロ、阪神高速道路神戸線尼崎東ICと尼崎西ICから5キロと近く、関西圏全体を配送圏内とする好立地。1階の両側にトラックバースを配置し、無柱とすることでウィング車の横付け接車に対応。効率的に運用しやすい2階建てとする。

また、津波・高潮を想定して受変電設備の設置位置をかさ上げするほか、全館にLED照明を採用し、年間2メガワット時の発電量を持つ屋上太陽光発電システムも導入する

▲LOGIFRONT尼崎Ⅳ(出所:日鉄興和不動産)